×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

炎の十番勝負

炎の十番勝負とは、春のGTシーズン幕開けと共にやってきました「炎の十番勝負」!高松宮記念から宝塚記念まで全10レースの勝ち馬をみんなで予想しちゃいましょう!
今年は、土曜17時から放送中の「教えてVANdaくん!勝ち馬リサーチャー」の中でも、途中経過を報告します。
さらに、今回も上位入賞者には十番勝負オリジナルグッズをプレゼント!どんどんご参加ください。

 

早いもので残すところあと2戦となった『炎の十番勝負・春』。
6月8日、雨が降りしきる東京競馬場を舞台に国内外の実力馬たちがしのぎを削る伝統の一戦・安田記念がGT馬9頭を含む強豪17頭で行われました。1番人気はドバイデューティーフリーを驚異的なレコードタイムで圧勝しその実力を世界中の競馬ファンに魅せつけたジャスタウェイで単勝1.7倍。レースは、3歳GT馬のミッキーアイルが先手を取り、ジャスタウェイが中団より後ろから追走する展開。そして、最後の直線で16番人気のグランプリボスが抜け出して勝負を決めたのかと思った瞬間、道悪馬場の中を力強い走りで一歩ずつ差を詰めたジャスタウェイがゴール直前でグランプリボスをハナ差とらえ、見事GT3勝目を飾りました。ジャスタウェイを1着に指名した参加者は1,632名、2着にグランプリボス、そして3着に10番人気のショウナンマイティが入りました。

 

 

ホースマンならば誰もがその栄冠を夢見る3歳最強馬決定戦、日本ダービー。今年は、少し気の早い猛暑の東京競馬場を舞台に、ウインフルブルームの取消により精鋭17頭で行われました。1番人気は、曇天の皐月賞を制したイスラボニータで単勝2.7倍。レースは、逃げるエキマエをいつもより前の位置取りで追走するワンアンドオンリーが、最後の直線でイスラボニータとの叩き合いを制して見事GT制覇を果たしました。ワンアンドオンリーを1着に指名した参加者は656名で、2着にイスラボニータ、3着に12番人気のマイネルフロストが入るという結果となりました。

 

 

5月25日、牝馬クラシックの第二戦・オークスが晴天の東京競馬場を舞台にフルゲート18頭で行われました。レース直前までの主役は凱旋門賞挑戦も視野に入れた桜花賞馬・ハープスターで、単勝1.3倍と断然の1番人気に支持されました。しかし、レースでは桜花賞3着のヌーヴォレコルトが最後の直線でハープスターの猛追をクビ差で振り切り、重賞初勝利を見事GT制覇で飾りました。ヌーヴォレコルトを1着に指名した参加者は32名でした。2着にハーブスター、3着に3番人気のバウンスシャッセが入るという結果となりました。

 

5月18日、古馬の牝馬チャンピオン決定戦・ヴィクトリアマイルが東京競馬場を舞台に行われました。レースは単勝11番人気の低評価に甘んじた昨年の覇者・ヴィルシーナが果敢な先行策で他馬にハナを譲ることなく逃げ切り見事連覇を果たしました。124名の参加者がヴィルシーナを1着に指名しました。2着には3番人気のメイショウマンボ、そして3着には6番人気のストレイトガールが入るという結果となりました。

 

3歳馬による電撃のマイル戦、NHKマイルCは晴天の東京競馬場で行われました。重賞2勝を含む4連勝でこの舞台にたどり着いたミッキーアイルは、スタートから終始ハナを譲らず逃げ切り、1番人気に応えて見事GT制覇を果たしました。3,182名の参加者がミッキーアイルを1着に指名しました。2着は三浦皇成騎手騎乗の17番人気のタガノブルグ、そして3着には12番人気のキングズオブザサンが入るという波乱の結果となりました。

 

4戦目となる天皇賞・春は、晴天の京都競馬場を舞台にフルゲート18頭による熱戦が繰り広げられました。日経賞5着の後、天皇賞・春に駒を進めた4番人気のフェノーメノが、最後の直線半ばで力強く馬群を抜け出し、史上3頭目の2連覇を達成!508名の参加者が1着に指名しました。1番人気に押されたダービー馬・キズナは、いつもの切れ味を発揮できず4着となりました。そして2着には直前で武幸四郎騎手に乗り替わった3番人気のウインバリアシオン、3着には12番人気のホッコーブレーヴが入りました。
3戦目となる皐月賞は、肌寒さを感じる曇り空の下、スタンドの整備工事を目前に控えた中山競馬場で行われました。共同通信杯を快勝後、ステップレースに出走せず、直接皐月賞への挑戦を決めたイスラボニータが2番人気で皐月賞を制覇!1056名の参加者が1着に指名しました。2着には弥生賞を快勝し、皐月賞に挑んだ1番人気のトゥザワールド、3着には8番人気のウインフルブルームが入りました。

 

その2戦目となる桜花賞が、桜咲き誇る4月13日の阪神競馬場で行われました。
阪神ジュベナイルフィリーズ2着の後、年を越したチューリップ賞で快勝。今回1番人気に支持されたハープスターが圧巻の豪脚で桜花賞を制覇!参加者の大半となる4618名が1着にハープスターを指名しました。そして、ポイント対象となる2着には2番人気のレッドリヴェール、3着には5番人気のヌーヴォレコルトが入りました。

 

そのスタートを飾る高松宮記念が、3月30日に中京競馬場で行われました。
道悪馬場を物ともせずに見事1着となったコパノリチャードを指名したのは、全体の1割にも満たない475名!
そして、ポイント対象となる2着には8番人気のスノードラゴン(138名が指名)、3着には1番人気のストレイトガール(2083名が指名)が入りました。

 

 

更新履歴